Sigmaがフル*サイズ対応の新型超広角レンズを開発中か?

Sigma 11-22mm F4.5-5.6の特許 [光学技術・レンズ設計]

シグマがフルサイズ一眼レフに対応する11-22mm F4.5-5.6特許を出願中です。(えがみブログより引用)

今、自分が使っている超広角レンズはSigma 8-16mm F4.5-5.6。
Nikon D7100につけて使っていて、圧倒的な画角の広さ、写りには満足している。きちんと絞れば意外と周辺もきれいに出るし、誌面で使うときにはどうせトリミングされちゃうからね。

ただ、内観撮影の際にモデルが入った場合、ちょっと物足りない。これはレンズの問題というより、D7100の限界とも言える。静物を撮るならこの組み合わせでほんと十分なんだけれど、絞り込んだ上でシャッタースピードを稼ぐには、もしかしたらフルサイズに移行すればより良い結果が残せるかも。なんて思ったりして。
(ただし、フルサイズは被写界深度が浅くなるので意味ないのかなあ?)

Sigma 12-24mmも考えたけど、さすがに周辺部が甘いので、Nikon 14-24、TAMRON 15-30mmとの価格差が如実に出ている感じ。
参考にしたのはこちらのサイト。the-digital-picture.com

そんなわけでSigmaの新型には期待しています。

純正より安かったら(TAMRONの15-30mm)と同じくらいの価格帯ならすぐ買いたい。
D750につけたら完璧!のはず!

  1. 2016/01/24の富士山

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP