自然の中でアートを身近に。ベルナール・ビュフェ美術館

DSC_2887s
静岡県長泉町の愛鷹山中腹にある駿河平自然公園。
緑豊かな公園で、芝生広場や谷間にかかる吊り橋、その下を流れる小川など、ぐるっと一周するだけでも楽しいところです。春は桜、秋には紅葉も楽しめて、この公園自体がギャラリーのような場所です。
この駿河平自然公園の一角に「ベルナール・ビュフェ美術館」はあります。

1973年11月25日創設というのですから、40年以上の歴史がありますね。
この一帯は、今は「クレマチスの丘」と呼ばれ、近隣には井上靖文学館、ヴァンジ彫刻庭園美術館をはじめ、いくつもの美術館やレストランが点在しています。

目次

世界一のビュフェ コレクション

戦後の具象画壇を代表するフランスの画家ベルナール・ビュフェの作品を収蔵・展示しており、収蔵作品数は油彩画、水彩画、素描、版画、挿画本、ポスター等あわせて2000点を超えます。
これだけの作品を収蔵する美術館は世界でも類を見ません。

※美術館ですので、館内は基本的に撮影禁止です。
展示や館内の様子は、美術館のオフィシャルサイトをご覧ください。

子供がアートと触れ合うきっかけに

別館1階にある「ビュフェこども美術館」は、木製のボールのプールやコルクの積み木、絵本などがあり、ちびっ子達ものびのび遊べます。ヘンシンコーナーの衣装を着たら、ビュフェの絵の中の人に変身!

椅子とテーブルも用意されているので、大人もここで一休み。もちろん子供と一緒に遊んでもOK。お手洗い、こども用の手洗い場、授乳室も完備されています。
雨の日のお出かけにもおすすめです。

DSC_2703

A. 美術館の中にこんな広いスペースがあります。

DSC_2719

B. 子供達は自分で考えながら遊びます。

DSC_2814

C. ボールプールに飛び込め!

DSC_2790s

D. ビュフェの作品になりきってポーズ!

ちなみに、A・Bの写真は Nikon D750 + SIGMA 8-16mm で撮影。
FX機にDXレンズをつけるという荒技。
16mmだとクロップしなくても、ギリギリフルサイズで使えるんですよ!

ベルナール・ビュフェ美術館/ビュフェこども美術館

開館時間(入館は閉館30分前)

1月 10:00~16:30
2・3月 10:00~17:00
4・5・6・7・8月 10:00~18:00
9・10月 10:00~17:00
11・12月 10:00~16:30

休館日 毎週水曜日(祝日の場合はその翌日)、年末年始

入館料 ベルナール・ビュフェ美術館/ビュフェこども美術館

大人 1000円(900円) 高・大学生 500円(400円) 小・中学生 無料(特別展示をのぞく)
※( )は、20名以上割引
7月10日はビュフェ生誕記念日につき入館料無料です

〒411-0931 静岡県長泉町東野クレマチスの丘515-57
TEL:(055)986-1300 FAX:(055)987-5511

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる